おんなじUVも日焼けに差が出る事由

なぜ、同じ環境でおんなじ数量のUVを浴びていても、苦しい日焼けをする方と、そうでもない方がいるのでしょう。屋外で、同じ日におんなじ瞬間を過ごしていたのに、日焼けでスキンがヒリヒリする方と、そうでもないと感じている方がいます。また、日焼けの内容も、スキンが黒くなる方もいますが、赤く腫れて仕舞うという方もいます。日焼けの態度に違いがあることには御存知でしょうか。日焼けのもとになるメラニン色素の形成技術に差があることが、日焼けの病状が異なる理由です。UVによるスキンの変化は、UVA流れがもたらすスキンを黒く始めるサンタンと、UVB流れがもたらすスキンの炎症の要因になるサンバーンがあります。UVA流れを肌に照射すると、スキンはUVの結果から細胞を続けるために、メラニン色素を生成します。こういうメラニン色素をつくるためのメラノサイトの規格に個人差があります。メラノサイトの実行がダイナミックだと、UVの影響で一気にメラニン色素ができますので、スキンは黒くなり、老化し辛くなります。これに対して、なんだか日焼け断ち切る人の場合は、UVを封じるためのメラニン色素が何やらできないという方になります。日焼けのしにくい方は、灯によるスキンの退化が起き易い傾向があります。硬い太陽光の下が活動してしても、日焼けをしないという方は、UVの結果が短く見える。もし、日焼けを通してもスキンのカラーがあんまりかわっていなければ、UVの結果が実は細胞にあることがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ